アイキララの効果で本当にクマが消えるのか徹底調査!

アイキララの効果で本当にクマが消えるのか徹底調査!

目元にクマがあるせいで、実際の年齢より老けて見られることがある、いつも疲れているように見られるなど、目元にハリがなくて困っている人も多いと思います。アイキララはそんな悩みのある人のために作られた商品なのですが、果たして本当にクマが消えるのでしょうか?

 

加齢によって皮膚がやせてしまう?

 

今までは目の下にクマがあるといっても、コンシーラーを使って隠す、ファンデーションを厚く塗るなどの方法しかありませんでした。そもそも、何故目の下にクマができるのかというと、これは年齢とともに皮膚が痩せて来てしまうことが大きな原因になっているというのです。皮膚の内側のコラーゲン減ってしまい、栄養流出してしまったりすることで、ふっくら感やハリが失われ、皮膚が痩せてしまうのです。

 

皮膚が痩せてしまった結果、内側に影ができやすくなります。目の下の皮膚は人の体の中では一番薄いところであり、その厚さは0.5mm程しかないそうです。他の皮膚が2mmなので、それに比べると、とても薄いのです。こういう場合、同じ血色や筋肉の色でも皮膚の厚さによっては、肌の見え方が全然違ってしまうことがあります。

 

そこで隠すというのではなくて、内側から働きかけるというアイキララという商品を作り出したのです。

 

ハリを失った目元にアプローチする

 

まず、アイキララにはMGAという成分が含まれています。これはO/W型の乳化機能を持ったビタミンC誘導体のことなのですが、最近では美容界で注目されている成分です。

 

ビタミンC誘導体の一種が含まれていることから、加齢で失われてしまったハリや弾力を覚醒させてふっくらと若々しい印象にしてくれます。そして、コラーゲンの栄養素によって、栄養分や潤いをキープ出来るようになり、健康的に見える肌色に見えるようになります。

 

そして、ビタミンKを豊富に含んでいるアンズ核油・カニナバラ果実油・アボカド油・ヒマワリ種子油など、植物由来の成分を配合することによって肌のリズムを整えて、ハリを失った目元にアプローチします。これにより、目元の老廃物や脂肪などに働きかけて、クリアな目元に導いてくれるのです。

 

まとめ

 

何故クマがなくなるのか疑問を持っていましたが、こうやって調べてみると、なるほどという感じがしました。実際に使ってみて、クマが消えたという写真も数多く公開されています。それを見る限りでは効果があるのかもしれないと思いました。

 

ただ、効果が出るまでには時間がかかる場合もあるので、しばらく継続して使用してみたほうがいいようですね。目の下のクマは、今までのようにコンシーラーをぬったり、ファンデーションを厚ぬりしたりしても、それは一時的に隠しているだけにすぎません。結局は根本的な解決方法にはならないのです。でも、このアイキララを使えば、お化粧を落としてもクマのない素顔が見られるかもしれないですね。